P1 はじまりは、 "母と妻と女の狭間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P1 はじまりは、 ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・出会い青春編

氷の世界

 あんなに好きだったあさひのことが、
今では、遠い昔の出来事。

 すぐ隣りにいるのに、二人の間には、
透明な薄いガラスで分けられて、
離れているよりもずっと、ずっと
寂しさを感じる。

 孤独

 私は独りぼっち。
周りからは、いつも一緒で仲が良いと、
羨ましがられるけれど、実際は心が通じ
合わない、赤の他人。

 ううん、通じあったと思ったのは、
出会った時からの、単なる私の勘違い。

 私が感じた優しさは、ただの思い違い。

 あさひという人間は、
本当は、誰よりも冷たい人。
 
 あの人は、誰も受け入れない、
心の底から冷えきった人。

 寂しい。

こんな寂しさがあるなんて、知らなかった。

2人でいるのに、寂しさが消えない。

2人でいるから、余計に寂しい。

image©“shugakuso2”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





10月 22nd, 2015 by