P11 学校が始まった! "母と妻と女の間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P11 学校が始まった! ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・出会い青春編

外国人

 なんだかアッと言う間に過ぎてしまった
2週間。見るもの、聞くもの、すべてが
珍しくて、楽しかった。

 それでも、観光に来たわけじゃないから、
一生懸命勉強しないと。

 と、思っていたところで始まった学校の
授業。

 初日は、簡単な自己紹介なんか
したりして、軽く終わるのかと思ったら、
なんと、ガッツリ授業が待ってた。

 ああ、言い忘れたけど、いきなり
大学の授業じゃなくて、その前に、
語学学校で英語の授業を受けてから
大学に編入する事になってた。

 そう、初めはアメリカにある
英語専門学校に入ったわけ。

 ただ、私が最初に入ったのは初級クラス。
まわりはほとんど日本人。
前からいた人もほとんど日本人だし、
私と一緒に来た日本人も、
ほとんど同じクラスだった。

 いきなり普通の授業に戸惑いながら、
それでも、なんとかお昼まで頑張った。

 んで、お昼になってクラスメートと
カフェにご飯を食べに行ったら、
先に来てた同じ英語学校の人達が10人
くらいた。

 でも、少し違ったのは、日本人は2.3人で、
あとは、いろんな国から来た生徒だった。
 
 たとえば、中国、韓国は当たり前。
ブラジル、ホンジェラス、コスタリカの
南米諸国。

 エチオピア、セネガル、コンゴなんかの
アフリカの国。

 英語が母国語じゃないだけで、日本語が
通じない国ばかりだった。

 そう、ここが日本の英語学校と
違っているのは、生徒が多国籍だってこと。

 もちろん、その中の会話は全部英語。
日本人同士でも英語で話してた。

 それを見たら、なんだかそこだけ
違う学校みたいだった。

 びっくりしてしばらく見てたら、
その中の1人に、昨日の日本人がいた。
そう、それが「あさひ」

 それを見てると、普通に楽しそうに笑い
ながら話してた。

〈なんだ、笑えるんじゃん!〉

 そんで、ときどき他の国の友達らしき人から、

「日本語でなんて言う?」

 って、質問されて日本語を教えてたから、
あ、やっぱり日本人だったじゃん!
ってことが、わかった。

 それでも、相変わらずこっちを見向きも
しないで感じ悪いのは変わらない。

〈なんか、やな人だな~〉

 って、再認識。

 なのに、なんだか気になって。
いや、きっと悪い意味で気になっただけ
だったと思う。

image©“be creator”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

*写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike

|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|

 





11月 2nd, 2015 by