新入生 "母と妻と女の狭間でP42"

新入生 ”母と妻と女の狭間でP42”

森

  本当に楽しく過ごして、帰ってきたのは夜8時過ぎで、
ご飯までごちそうになって、私はあさひの事なんか、
全然忘れるくらい、Enjoyできて、ほんと感謝の一言。

 別れ際、ママが

「紗季、どんなに些細な事でも、
心配事があったら、寧子と私に話してね。
紗季と寧子は、大事な私の娘なんだから」

 って言ってくれた。
その言葉を聞いて、こらえていた涙が、
一気に溢れた。

 本当に素敵な一日を過ごして、
とにかく一生懸命勉強しよう!
そう、あらためて心に誓った。

 翌朝、久しぶりに気持ちのいい朝を迎えて、
いつもは一番早く起きる末っ子のJoyよりも
先に起きた。

 コーンフレークで簡単な朝食を摂ると、
さっそく、今日の授業の予習を始めた。

 と、言っても、いまだに日本なら中学校で
勉強するような、初歩的な授業だから、
真剣に机に向かったものの、10分もすると
飽きて、日本から持ってきた漫画を読んでたら、
電話が鳴った。

〈誰だろう?って、どうせ寧子でしょ〉

そう思いながら、電話を取ると、
受話器の向こうから、寧子の元気な声が聞こえた。

「ね~知ってる?
また、今日から新しい生徒が来るんだって!」

 気が付くと、ここLewistonに来てから、
すでに、2ヶ月が過ぎていた。

 ここの授業は、1クール2ヶ月で、
2ヶ月毎に進級&卒業がある。

 だから、今回の日本からの学生は私達の後に
やってくる、新入生って事になる。

 「へー、知らないよ。
何人ぐらい来るんだろうね」

 そう答えると寧子は、

「楽しみー♪」

 と、弾んだ声を残して電話を切った。
私も、どんな人が来るのか、
とても楽しみで、学校に行くのが、
いろいろな意味で、楽しみだった。

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

*写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike

|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 4th, 2016 by