晴美は綺麗だけど "母と妻と女の狭間でP44"

晴美は綺麗だけど ”母と妻と女の狭間でP44”

黒板

 男子達が、

「めっちゃきれい!いいなー」

とかって、みんな絶賛して騒いでいるから、

「そんなの、教室に先生よりも前に入って、
いきなり自己紹介なんて、ただ気が強いだけでしょ!」

 と、私は思った通りの印象を言った。
それを聞いた男子達は、

「晴美ちゃんが綺麗だからって、
(ひが)まなくてもいいって」

 って、変な励ましをくれた。
でも、それを聞いたって嫌な予感は消えなかったし、
なにより、きれいなことは間違いないから、
それ以上、コメントはしなかった。

 それから数日は何事も無く過ぎたけど、
1週間が過ぎた頃、授業の終わりに、晴美が突然先生に、

「ここの授業は簡単すぎて、時間がもったいない!
もっと上級クラスに変えて欲しい」

 と言い出した。
私だって、前から授業が簡単だって感じてたけど、
だからって、学校のスケジュールだってあるだろうから、

「上級クラスに変えて」

とは言えなかった。

 それに、今ではクラスメートが、みんな仲の良い友達だし、
上のクラスに上がるなら”みんな一緒に”って思ってた。
それなのに、たった一週間で、

「上級クラスにして欲しい」

 とは、相当気が強いんだなって思った。
それを聞いた先生は、

「その事は、後で話しましょう」

 と言って出て行った。
すると、晴美はそれでは納得せず、
先生の後を追って、教室を出て行った。
 私はそれを見て、

〈ああ、アメリカってこういう所が、
日本と違うのかな〉

 って、晴美は日本人なのにアメリカ人みたいで
ちょっと感心した。

image©“vectorvaco.com”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

*写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 6th, 2016 by