すぐ行くね! "母と妻と女の狭間でP46"

すぐ行くね! ”母と妻と女の狭間でP46”

みんな

 その間1分少々。その静寂を破ったのは、
寧子(やすこ)だった。

「だいじょぶ、すぐに追いつくから、
待っててね」

 そう言うと、ミチ君に軽くパンチをした。
その寧子のパンチで、男子達は我に返って、

「そうそう、すぐに行くよ!」

と、寧子と同じ言葉を繰り返した。

〈アホ!、あんた達の頭じゃ、
死ぬ気で勉強しないと。
今のままじゃ無理でしょ!〉

 私は、心の中で、つぶやくと、
今度は晴美がどこのクラスに行くのかが、
気になった。

〈もしかして、あさひのクラスに行くのかな?〉

 そう、晴美が上級者クラスに行くことに
不満はないし、むしろそれだけ一生懸命なんだから、
上のクラスに行くのは、当然だと思った。

 それは良いんだけど、問題なのはそのクラスに
あさひがいたら。

 あさひは、この前の金髪の女の子と一緒にいたけど、

〈付き合っている確証はなかったけど、
私はあの気ブロンドの娘が彼女だと思う〉

それは、私が来る前からなんで、仕方がないから
もしも別れたらチャンスだと思えた。 

 でも、もしも金髪の女の子と別れて、
私よりも後から来た晴美と付き合いだしたら、
私だってチャンスがあったわけだから、
すっごく後悔すると思った。

image©“Vive La Palestina”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

*写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 7th, 2016 by