P55 こみ上げる悔しさ "母と妻と女の狭間で"

P55 こみ上げる悔しさ ”母と妻と女の狭間で”

海

 私が自分で言うのも変だけど、
もとともと負けず嫌いで、激しい性格。

 自分が晴美に負けて、あさひを晴美に取られ
たことが、どうしても我慢できなかった。

 寧子が、

「どうしたの?だいじょぶ?」

 って声を掛けるまでずっと、
2人の姿が心の白いスクリーンに映し出されて、
そこから目が話せなかった

「ん?ああ、だいじょぶよ」

 私が笑顔で答えると、寧子はすべてお見通し
って感じで、一言、

「たいへんだね」

 そう言いながら心配そうな顔を残して、
その場を離れていった。

 
 寧子に話を聞いた時は、私自身少し驚いた
けど、自分で驚くくらい冷静で、かえってそれが
辛さを増した。

〈晴美がクラスを移るって言った瞬間から、
なんとなくわかってた事だもの〉

 そう、一番驚いたのは、晴美がクラスを変わり
たい!って言った瞬間。

 あの時は本当に驚いて、目の前が真っ暗
になったけど、それは、あの時すでに、
こうなることがわかっていたから。

 あの時に確かな証拠があったわけ
じゃなく、きっと晴美自身もそんな事は、
まったく考えていなかったはずだけど、
ただの、勘、そう、ただ漠然とした雰囲気を
感じただけ。

 南の海の、どこまでも透き通る深い
水の底にあって、目の前に見えるのに、
絶対に触れないような、
そんな感覚。
 
 晴美が、クラスを変わりたいと言った時
に感じた事。

image©“ignatov”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

*写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 11th, 2016 by