P57 モノクロの心 "母と妻と女の狭間で"

P57 モノクロの心 ”母と妻と女の狭間で”

モノクロ

 土曜の朝、きつい頭痛で起きた。

「いたたた、痛い!」

 あきらか二日酔い。
お酒は強いほうだけど、昨日はいくら飲んでも
全然酔わなかったから、二日酔いになるなんて、
考えてもいなかった。

 それなのに、頭の痛みで起きるなんて!
時計を見ると、とっくに10時を回っていて、
当然、H’ファミリーは、日曜の礼拝に行って
留守だった。

〈ああ、また教会行かなかった〉

 私は昔、英会話を習いに近所の教会に通ってたけど、
いつの間にか、遊ぶことが優先になって、
行かなくなってた。

 それ以来、日曜礼拝なんて行ったことは
無かったけど、アメリカに来て改めて、

〈教会に行く!って決めたのに・・・〉

 心の中がチクっと痛んだ。
でも、今はもっと大きな心の傷口が開いて、
真っ赤な血が流れていたから、教会に
行かなかった痛みは、そんなに、
気にならなかった。

 こんな気持は中学校以来。
これまでは、なんか未来に失望っていうか、
とくに目的も感じなくて、ただ一日が過ぎれば
それでいいと思ってただけだけど、
あさひと会ってから、毎日がドキドキの連続で、
まるで、私のまわりがパステルカラーに色づいた
そんな感じ。

 でも、そんな幸せな気分も晴美が来てから、
徐々に色失せて、今は薄いグレーになっちゃった。
でも、晴美が嫌いなわけじゃなくて、
ただ、自分のやらなきゃいけない勉強に、
気持ちが乗らない、それが重しのように、
心を押しつぶしているだけ。

image©“bernhard.friess”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 12th, 2016 by