P62 晴美の本当の気持ち "母と妻と女の狭間で"

P62 晴美の本当の気持ち ”母と妻と女の狭間で”

クリス

「Ashはこの事知らないよね?」

 と、聞いてきた。

私は、

〈あ!やっぱり!〉

 確信した。
 
〈晴美は、もともと移動するつもりは
無かったけど、あさひとなんかあって、
勉強が手につかなくなったから、
移動を決めたんだ〉

 私は、晴美に同情することはできなかった
けど、晴美の気持は痛いほどよくわかった。

 その晴美の辛い恋心に触れた時初めて、
私の心は涙に震えた。

 と、同時に、降り始めの雨のように、
大粒の涙がひとつ、私の頬を伝った。

 晴美が、その時の私の涙を見た瞬間、
一瞬表情がこわばり、次に、後悔の表情が
水面に落ちた一滴の油のように、じわーっと
広がって行くのを、私は見逃さなかった。

 きっと、その時の、晴美の後悔の表情を
見た時、私の顔は、漆黒の闇の中にあったに
違いない。

 
 2人で、晴美の出発を見送って、寧子が、

「行っちゃったね」

 と、一言。

「うん」

 私も、そう返事して、そのあとは無言で、
学校に引き返した

image©“@CrisCheshireCat”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 14th, 2016 by