P65 え!それほんと! "母と妻と女の狭間で"

P65 え!それほんと! ”母と妻と女の狭間で”

びっくり女

 晴美がいなくなって、
私は不思議な気持ちを抱えていた。

 もちろん、みんなと同じように、
女性として、お手本にしたいような晴美が
いなくなったことは、とても残念。

 でも、それと同時に、晴美があさひの事を、
好きだったとわかった今、晴美がいなくなることは、
私にとって、とても嬉しいこと。

 私だって、あさひの事がすっごく好きだったけど、
晴美と私で三角関係になったら、99%勝てる気がしない。

〈それは、悔しいけど、認めざる負えない事実〉

 そう思うから、心の奥底の、漆黒の闇の中では、
晴美がいなくなって、真夏の暑い日に、
炭酸ソーダを飲んだような、
清々しい爽快感が広がっていた。

 そんな自分の感情に浸っていたら、
自然と顔が緩んでいたみたいで、
ふいに寧子が、

「よかったね」

そう言った。

 私は、その寧子の言葉に驚きいて、

「え?何が?」

慌てて、悲しそうな顔を繕って、寧子に返した。

「いいよ別に、無理しなくて」

寧子はそー言い、くすっと笑った。

〈寧子、こわ!〉

 寧子は、私よりひとつ下で、高校出たての18歳の
はずなのに、さっき”くすっ”と笑ったその顔は、
まるで、恋愛に百戦錬磨の猛者のようだった。

 そんな大事件があっても、2~3日で落ち着いて、
また普通の日常が戻ってきた。

〈人間なんて、結局自分が大事で、何があっても、
自分さえ良ければ、それでいいんだよね〉

 なんて、哲学チックな事を思って、
アンニュイな気分に浸っていると、

「紗季!大変!Ashが寮出てアパートに移ったって!」

寧子が大声で、叫びながら、教室に駆け込んできた!

image©“Googirl”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 15th, 2016 by