P66 早く教えて! "母と妻と女の狭間で"

P66 早く教えて! ”母と妻と女の狭間で”

なんですか?

「え?なんで、寮出たの?
なんでそれ、わかったの?」

 私は、七色の水が湧き出る、泉のように、
七色の疑問が、心の底から、とめどなく湧き
上がってきた。

「えっと、まずね・・・」

 寧子は、私がそのニュースを聞いた時の
私の反応が、予想通りだったみたいで、
なんだか笑いをこらえきれないって感じで、
ために溜めてから、寧子は話しだした。

「まず、今はサマータイムでしょ?」

「うん」

 いつもなら、そんなに溜められたら、大きな声を
出してしまうところだったけど、今回は”あさひ”
に関わることだから、頭の中が真っ白で、とにかく
息をするのも忘れて、ただ”うん”とだけ返事をして、
寧子の次の言葉を待った。

「今のカフェは、サマースクールの生徒のためだけに、
開いてるのよ」

「うんうん、それで?」

 私もさすがに、しびれが切れてきて、

〈そんなの、誰だって知ってるって!〉

 思わず心の中で、つっこみを入れた。

「って事は、カフェでは、昼間しか食事できないでしょ?」

 「そんなの知ってるよ!」

 寧子の言い方が、あまりに回りくどいから、
思わず、声に出してつっこんだ。

image©“ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活メソッド~ “

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 16th, 2016 by