P70 はぁ~、平凡 "母と妻と女の狭間で"

P70 はぁ~、平凡 ”母と妻と女の狭間で”

は~

 それから、3週間位は何事もなく、当たり前の
日常が繰り返された。

 相変わらずTOEFLのテストは受けるものの、
どっかの大学に、入れるほどの点数が
取れるわけでもなく、なんとなく毎日を、
ダラダラ過ごす毎日が続いていた。

 寧子が、

「あ~あ、なにもないね~」

 そう、とにかくアクティブな寧子にとって、
何もなく平凡なことほど、嫌いなものは無かった。

「そ?、平凡で良いんじゃん?
それが、一番だよ」

 私は寧子にそう言ったものの、私自身、
退屈なのは嫌いだから、私の心の中で、
中途半端に火が付いたあとの燃えカスから、
ブスブスと黒い煙を吐き出していることに、
耐えられなくなっていた。

 それなら、必死に勉強して、TOEFLで点数を
とって大学に入学するか、晴美のように、
どこかに移動すればいいんだけど、
ここに来て半年近く経つと、そんなに必死に
勉強するような情熱は、とっくに無くなっていた。

 なにしろここは、本当に田舎。
日本じゃ考えられないくらいの田舎だから、
すべてがのんびり。

 ゆったり時間が過ぎる中、日本のような受験地獄を、
戦うような凄まじい情熱は、出るはずもない。

 それに、移動するにしたって、ホストには
1年間のホームステイ費用を前払いで払っていたから、
無理に移動しようなんて、考えられなかった。

 そうこうしているうちに、私達の夏は
終わろうとしていた。

image©“Biz Lady”

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 17th, 2016 by