P76 京都だよ、大阪じゃないよ! "母と妻と女の間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P76 京都だよ、大阪じゃないよ! ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・出会い青春編

運転

 私が、後ろの座席の乗り込むと、
続いて寧子も、隣に乗ってきた。

 寧子は、

「どう?ヤマさん?
優しいでしょ?」

 こそこそ声で、そう囁いた。

 私は、意外と紳士だとは思ったけど、
お世辞にも、容姿端麗とは言いがたい
ヤマさんに、地球最後の男だったとしても、
恋愛感情は持たないだろうと思ったから、
素直に、

「そうね、いい人だけどね」

 とだけ答えた。
寧子は、

「私もそう思う。
いい人だけど、それだけだね」

 と、うふっと笑いながら、答えた。
そしたら、もともと元気いっぱいで、
声が大きい寧子だから、それがヤマさんに
聞こえたらしく、

 やまさんが、

「俺かて、おまえなんか選ばへんよ!」

 と、言い返してきた。
とっさに、私は悪いと思って、

「いや、そういう意味じゃないんです・・・」

 と、恐縮して、小声になりながら、ヤマさんに
謝った。

 そしたらヤマさんは、

「紗季ちゃん、ええんよ。
こいつ、いつもこんなやさかい」

 そう、当たり前の日常会話だといいながら
笑った。

 寧子は、

「ね、こういう人なの。
気にしなくていいから」

 悪びれるでもなく、そう答えた。
やっぱり、関西の人なんだな。
そう思っていると、ヤマさんが、

「関西って言ったって、大坂やないから
べつにオチ考えんでもええんよ」

 それを聞いて私は思わず、吹き出した。
それを見てヤマさんが不思議そうに、
ミラー越しに私を見ててたから、寧子が、

「ヤマさん、余計なとこ見てないで、
前向いて運転してな!」

 と、ヤマさんに注意した。

written by 透明[とうめい] ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|Copyright © 2014 Tomoyuki.O All Rights Reserved.|





1月 19th, 2016 by