P101 行かないよね? 

P101 行かないよね? ”母と妻と女の狭間で”

LOVE

 私は、そうなると思ってたけど、
それは、嬉しいことだけど、
いきなり、シアトルに行こう!なんて、
無理に決まってると思った。

 だいたい、ごはんが嫌いで、日本食にも
とくに執着してないって、聞いてるから、
私も、誘いたかったけど、断られるのが怖くて、
あさひを誘うことが出来なかった。

 図書館に着くと、寧子はあさひを探し始めた。
でも、寧子にはあさひが見つからず、

「いないな、今日は来ないのかな?」

と、言った。

 私は、あさひの定位置、図書館の奥のおく、
この前見た、外から見えない、
隠れ家的な場所へ歩いて行った。

いた!

 寧子では、見つけられなかったのに、
私には、わかっていたことが、すこし
優越感。

 寧子は、

「さすが!愛する人の事は、何でも知ってるね」

言いながら、ニヤニヤ。

 でも、寧子は止まらずに、歩いて行って、

「来週末、シアトルにお寿司食べに
行くんだけど、一緒に行かない?」

いきなり、直球。
 
 私は、あさひは、絶対行かないよ!
そう思っていた。

image©“Juliana Coutinho”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





1月 25th, 2016 by