P102 え?行くの?

P102 え?行くの? ”母と妻と女の狭間で”

はてな

 でも、予想に反して、

「行ってもいいよ」

 これには、私もびっくり!
思わず、

「なんで?日本食には興味ないでしょ?」

 そう聞くと、

「まあ、お寿司は高いし、興味ないけど、
今日車取りに行くから、ドライブには
ちょうどいいから」

 え!ちょっと待って!
私が知らない情報が頭のなかで錯綜していて、
なんだか、訳がわからなくなった。

 でも、寧子は、

「おー良かった!じゃ、OKね?
これで、人と車が確保出来たっと!」

 上機嫌で帰ろうとするから、

「寧子、ちょっと待って!
Ash車買ったの?」

 私が聞くと、

「買った。今日納車。ってか、これから取りに行く」

 そう、あさひが言った。
そしたら、寧子が、

「そうなんだ、じゃあ、紗季も一緒に行けば?」

 また、お節介おばさんが、余計な一言を言ってくれた。
私は、あまりに厚かましいと思ったから、

「いいよ、今日は帰るよ」

そう言うと、あさひが、

「いや、よければ一緒に行こうか?
ただし、歩いて30分かかるけどね」

そう言った。

 私的には、30分以上もあさひと話が出来て、
しかも、あさひの車の最初の人になれるなら、
どんなに困難な事が待っていても、ぜんぜん構わない。
そう思った。

「じゃあ、一緒に行くよ」

そう言って、寧子に手を降った。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





1月 25th, 2016 by