P105 2シーター

P105 2シーター ”母と妻と女の狭間で”

フィアット

 あさひは、おじさんに鍵を受け取ると、

”Thanks a lot.”

そう言って、車に乗り込んだ。

 私も、そのまま助手席に乗ったけど、
さっき、どんな車?の私の質問に、あさひが答えて
ないことに気がついた。

「ねえ、これなんて言うの?」

そう聞くと、あさひは短く、

「Fiat X1/9」

とだけ、答えた。

 
「ねえ、この車狭いんだけど」

 そう私が言うと、

「そりゃそうだよ。
これは、2シーターだから」

 そうあさひが、答えた。
私は車に詳しくわ無かったから、2シーターなんて
知らなかったし、なんか小さくて、オレンジで、
可愛い車だな、って思った。

「ふ~ん」

 私は、それだけ答えて、あさひが運転する、
この車に乗った初めての人ってことが、とても
嬉しかった。

image©“Wikimedia CommonsDisclaimers”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





1月 26th, 2016 by