P109 熱だして、寝込んでる!

P109 熱だして、寝込んでる! ”母と妻と女の狭間で”

 シアトル行きが具体的に決まると、
嬉しくって、授業どころじゃない!

 毎日、授業の合間に、放課後に、
みんなで集まって、旅行プランを立てるのが、
楽しくて、いつもみんなでわいわい、がやがや。

 でも、そんな時でもあさひはいなくて、
それをよく思ってないのが、まるわかりの、
ミチ君がいた。

「な?Ashは自分のことしか考えないから、
みんなでプラン決める時も、来ないだろ?
 どうせあいつの車は2人しか乗れないんだから、
今回は、外せばいいんじゃないかな?」

 ミチ君は、いつもそう言って、あさひを
外そうって、言っていた。

 他のみんなは、あさひ本人の事も、
あの時のいきさつも、あんまり知らないから、
ミチ君言ってるような突っ込んだ話に、
答えようもなく、
ただ、あさひと、ミチ君の間で、何か
あったんだろうな?ぐらいしか、考えて
ないみたいだった。

 ま、どちらかと言うと、殆ど知らない
あさひを参加させることに関しては、
少し不安があるのは仕方がないけど。

 そんな時、いつものようにみんなと、
カフェで話をしていたら、ちょうどそこへ、
ケンジが通りかかった。

「あ、紗希ちゃん!
 Ashのこと知ってる?
昨日、図書館に来なかったから、
アパート行ったら、熱出して寝てたよ!」
「え!それほんと?」
私はそれを聞いた瞬間、
もうみんなと一緒にいることも忘れて、
慌てて、あさひのアパートへ向かった。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





1月 27th, 2016 by