P130 ズボン脱ぐな! "母と妻と女の間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P130 ズボン脱ぐな! ”母と妻と女の間で・・・” 留学時代・出会い青春編

ズボン

「そ、そんな事無いよ!
ほんと、そんな事ない!」

 ミチは、慌てて否定したけど、

「なんだ、残念。
せっかく迎えに来てくれたから、
あさひが来るまで、キスでもしようかな?
って、思ったんだけどな」

 私がそう言うと、

「マジ!やった!」

 そう言って、ズボンを脱ぎながら、
先に車へ乗り込んだ。

「やっぱり!アホなミチ!
どこにキスすると思ったの?
そんな事するわけ無いでしょ!」

 あまりに呆れたんで、そう言って家に入った。
ミチは、大慌てで私を引き留めようとしたけど、
脱ぎかけのズボンが邪魔で、うまく車から
降りられず、バタバタしていたけど、
私が、家に入ってしばらくしたら、
車のエンジンの音が遠ざかって行った。

「はぁー、呆れて物が言えない!」

 それが正直な感想。

image©“いくゾ~  やるゾ~ 頑張る象”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 8th, 2016 by