P131 やっぱり、こーでないと "母と妻と女の間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P131 やっぱり、こーでないと ”母と妻と女の間で・・・” 留学時代・出会い青春編

握手

 それからしばらくして、パッキングが
終わった頃に、今度はホストのママが、

“Saki, came friends, probably there is an Asahi?”  

 そう言って、ニコニコしながら私の部屋に
入ってきた。

 いつもママにあさひの事を話してたから、
ママもあさひに興味があったみたいで、
初めてあさひと会って、少し立ち話したみたいで、
かなり気に入っていた。

 ま、初めに会ったのがミチで、しかも
ミチは英語が苦手なんで、うまく話せな
かったらしくて、ママの印象はいまいち。

 でも、あさひは普通に英語で話せて、
気遣いができるやつだったみたいで、
ママは、

「今度遊びに連れて来なさい?」

 だって。
なんだか親って、万国共通なのかな?

 玄関があるリビングに行くと、そこであさひは
コーヒーを飲みながら、パパと話していた。

 パパは車好きで、あさひの車X1/9の事について
根掘り葉掘り聞いていた。

 私がリビングに行くと、あさひが立ち上がって、

”Nice meeting you.”

そう言って、パパと握手をした。

image©“Nomadic Lass”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 8th, 2016 by