P132 これから出発なのに "母と妻と女の間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P132 これから出発なのに ”母と妻と女の間で・・・” 留学時代・出会い青春編

家族

 パパは

「彼は、礼儀正しい青年だね。
是非また呼んであげなさい!」

だって。

 なんと、私のホストのパパとママには、
素晴らしい評価。
 
 私も、自分の事のように、すごく嬉しかった。

〈やっぱりあさひは凄いなー〉

 私は、ほんとに嬉しくって、とっても
幸せな気分になった。

 それから、荷物を車に詰めて、いざ出発。
パパとママに見送られて、ホストを後にした。

「本当に良いホストだね!」

 あさひが褒めてくれると、私も嬉しい。

「そうでしょ?だから学校から遠いけど、
他のホストに移りたくないのよ」

 そう言った。

 集合場所の、あさひのアパートの前にある、
病院職員の駐車場には、ミチと寧子以外の
全員としんのすけの車が待っていた。

「あれ、ミチと寧子は?」

 私がそう聞くと、しんのすけが、

「さっきまでいたけど、ミチ君が急に
『寧子ちゃん、迎えに行ってくる』
って言いながら行ったきり、帰って
こないんだよ」

 そう言った。

〈あー、またミチが寧子にくだらない相談
してるんだな。
 ほんとに、ミチはアホだよね。
いくらなんだって、これから出発って時に、
わけの分かんないことやるんだから。
救いようがないわ〉

 そうは思ったけど、もう出発時間だし、
これから寧子ん家に迎えに行って、
すれ違っても、めんどいから、もう少し
待ってみることにした。

image©“imagenesgratisonline”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 9th, 2016 by