P151 あさひの場所知ってる "母と妻と女の狭間で・・・" 留学時代・出会い青春編

P151 あさひの場所知ってる ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・出会い青春編

図書館

 相変わらず、たくさん人がいるのに、
しーんと静まり返った図書館は、勉強に
対していい加減な人間を拒んでいるみたい。

 多くの机は、アメリカンの学生で埋まって
いて、なかなかな空きがない。

 人が座っていない席もあるけど、机の上
には、勉強道具が置きっぱで、ちょっと休憩
って感じ。

 普段から図書館に来ない私達は、座る場所
すら見つからない感じで、いかに図書館に
来てないか(勉強してないか)露呈してる感じ。

「なんだ、座る場所ないじゃん!」

 ミチがすでに帰りたそうにしながら、
つぶやいた。

 今回のメンバーで、一番図書館に来てるのは、
わたし。

 って言っても合計で、10回は来てないかな?
それでも、みんなが私をベテランだって言うから、
(図書館のベテランってなんだ?)
私が、席を探すことになった。

 で、私が席を探すと、一番最初に行くのは・・・
もちろん、いつもあさひが座ってる席。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 16th, 2016 by