P156 バイトは出来ない "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・出会い青春編

P156 アルバイトは出来ないし ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・出会い青春編

手つなぎ

 翌朝、なんとか起きたけど、
夢のせいで、寝た気がしなかった。

 学校に着いてから、寧子にその事を
言ったら、答えは一言、

「一緒に住めばいいじゃん」

 あさひのアパートは、2ベッド
ルーム。

 もともと、2人で借りたらしいから、
当たり前だけど、今は、もう一個の
ベッドルームを、ヤマさんが使ってる。

 なんで、あさひのアパートに空きは
ない。だから、寧子の言う通りにする
ためには、リビングに住むか、あさひ
か、ヤマさんと一緒に暮らすしかない。

 もちろんヤマさんと同じ部屋は嫌だ
から、あさひと一緒なら嬉しい。

 だからって、いきなり

「一緒に暮らしたい!」

って言ったって、困らせるだけだよね?

 そうなると、車をgetするしかないけど、
その前に、免許が必要だもの。

 それに、仮に免許を取っても、車を買う
お金なんかあるわけ無いから、それも
厳しい。

 確かに、日本ならアルバイトをすれば
いいだけだけど、そこは日本と違って、
学生は、勉強が本文。

 確かに学校内にも、アルバイトはある。
でも、その時給は、$2とか$3とか。

 そのかわり、契約期間しっかりやると、
単位をくれる。

 つまり、アルバイトも勉強って事。
アルバイトをすると、卒業が早くなる
ってこと。

 確かに理に適ってる。
その代わり、稼ぎは少ない。

 そうなると、結局、ホストに留まるか、
出るかの二択。

 う~ん、すっごい悩む。

 なんか良い解決方法がないかな~?

image©“stockarch / stockarch.com”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 17th, 2016 by