B:1ページ 一緒に住むしか無い!〈同棲の始まり〉 "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:1ページ 一緒に住むしか無い!〈同棲の始まり〉 ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

同棲

 ヤマさんからあさひに連絡があって、
今週末には帰ってくるらしい。
 
 結局、初めは10日間の予定が、2週間
になって、それ以上伸ばせないギリギリ
まで、2人で旅行だって。

 あー、羨ましいな。
私は、八方塞がりで、悶々としてるのに。

 ずいぶん考えたけど、やっぱり答えが
出ないで、深いみどり色の海の底に沈ん
でいると、寧子が、

「なにー、まだ悩んでんの?
いつまで悩んだって答えが出ないんだから、
もう、動くか諦めるしかないんだよ!」

 そんなこと言ったってねー

「だし、諦められるなら簡単だけど、
ダメなんでしょ?
諦められないんでしょ?
だったら、答えは出てんじゃん!」

 確かに・・・

私は、決心した。

「あさひのアパートに行くよ」

「そー、そうでなくっちゃ!」

 寧子はほんとに喜んで応援してくれた。
そうと決まれば、あとは行動あるのみ。

 授業が終わるのを待って、ミチに頼んで
いったん家に帰って、パッキング。

 とりあえず、身の回りの物をスーツ
ケースに詰めて、ホストには

「しばらく勉強が忙しくなるから、
友達の家に泊まる」

ってメモを書いて、慌てて引き返した。

image©“【ひかりの恋愛お悩み相談室】 “

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 18th, 2016 by