B:3ページ 嘘ついちゃった "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:3ページ 嘘ついちゃった ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

香るる

 とうとう、道の反対側まで来て、あさひ
がリビングの椅子に座って、ギターを弾い
ているのが見える所まで来た。

 それを見てたら、あさひがとっても楽し
そうだったんで、しばらく見とれていた。

 10分位見とれてたかな?
あさひが急に視界から消えたんで、気が
ついた。

〈もしかしたら、図書館に戻るのかも
しれない〉

 私は、慌てて、あさひのアパートに駆け
寄った。

 ドアの前に立つと、部屋の中がバタバタ
と騒がしい。

〈やっぱり、図書館に戻る準備だ〉

 覚悟を決めて、あさひの部屋のドアを
Knock knock.

 その時の私の心の中は、嵐のように
荒れ狂い、目は、チカチカ星が瞬いていた。

“What? anybody there?”

 そう言いながら、あさひがドアを開けた。
次の瞬間、私はあさひと目が合って、

「こんばんは」

 自分でも、場違いの答えだと思ったけど、
とっさのことで、それしか答えられなくて。

 あさひは、とりあえず

「こんばんは」

って答えると、つぎに私が持ってる荷物
を見て、

「何事?」

 私は思わず、

「ホストに追い出されて、行く所が
ないの」

って、答えちゃった!

image©“kaolulu-nv”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真・画像は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp
|link Wheel news- Drift Car & Bike
|diary 日記 / アメブロ
|© 2014 Tomoyuki.O|





2月 18th, 2016 by