B:8ページ 好きだから "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:8ページ 好きだから ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

ハグ

 あー、めんどくさー。

「いいから、図書館に行こうよ!」

 そう言って、私は話を打ち切った。
確かに、あさひの言うことはわかるし、
彼女になれたら嬉しいけど、だからって
彼女=妻じゃないんだから、そんな面倒
くさいこと言ってないで、

好きだから付き合う。
好きだから抱かれる。

 それで良いんじゃないのかな?
その延長で、結婚があって、家庭を作る。
私はそう思いたいけどな。

 とりあえず、荷物を置いて、図書館へ。

 あさひの席は、6人掛けなのに、誰も
座ってないで、いつもの様に、あさひの
荷物だけが置きっぱなし。

 私も、あさひの前に座って、さっそく
勉強。

 普段ならすぐに飽きて、うろうろしたく
なるのに、今日は最後まで、ずっと集中
出来た。
 
〈これも、あさひのおかげだな〉

 図書館が閉まるんで、出口に向かうと、
この前のように、ケンジくん達が待ってて
あさひに話しかけた。

 でも、この前と違って今日は、あさひ
だけじゃなくて、私にも話しかけてきた。

 ひとしきりケンジくん達と話して、
そのまま、アパートへ帰った。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





2月 19th, 2016 by