B:42ページ 琴乃(ことの)さん "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:42ページ 琴乃(ことの)さん ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

中国の女性

 ん?こんな素敵な人を「こいつ」呼ばわり。
ヤマさんこそ「こいつ」でしょ?

 ヤマさんの彼女は、それでも静かに微笑
んでいる。

 なんかそれが余計に、2人の親密さを
物語っていて、まさに美女と野獣のカップル
に見えた。

琴乃(ことの)です。
いつも、まさひろがお世話になってます」

ん?まさひろって誰だ?

「いえ、こちらこそいつもヤマさんには
お世話になってます」

 そう言って、あさひが、軽く頭を下げた。
ってことは、つまりヤマさんは、「まさひろ」
って、名前なのか。

 山際まさひろ。
ま、そんなイメージかも。

 それにしても、琴乃(ことの)さん、
完璧で、素敵過ぎる!

 幼稚園からの幼なじみじゃなかったら、
ヤマさんが付き合うのは無理だったな。

 そしたら突然あさひが、
琴乃(ことの)さん、こんなに素敵なのに、なんで
ヤマさんと付き合ってるんですか?」

 うわ!いきなり直球!
そしたら、ヤマさんが、

「うるさい!俺がいい男だからに決まって
んだろ!」

 ありえないね。
私は、あさひと顔を見合わせてから、
琴乃(ことの)さんの方を見た。

 そしたら、琴乃さんは、ただ穏やかに、
笑っているだけだった。

 まあ、琴乃さんにしかわからない、
いいとこが、どっかにあるんでしょ。

 そしたら、琴乃さんが、

「夕食作ったから、よかったらどうぞ」

 って、言い終わった途端、さっそく
キッチンへ戻った。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





3月 14th, 2016 by