B:51ページ 琴乃さん見たい! 

B:51ページ 琴乃さん見たい! ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

同棲ベッド

「うん、昨日ね。
琴乃さんって言う、彼女も一緒だよ」

「へー、何系?お笑い系?」

「残念、シュッとした、すっごい美人系」

「うそ!マジで?
学校終わったら、会えるかな?」

「たぶん平気じゃない?
でもあさって日本に帰る予定だから、
急がないと、会えないよ?」

 そんなおいしい話は、砂糖に群がる蟻の
ように、あっという間にミチを始めみんな
が群がり、琴乃さんに会いに行くことに
なった。

 なんだか寧子に言っただけなのに、
気が付けば、10人近くに膨れ上がり、
さしずめ、琴乃さん拝見ツアーの様になっ
ていた。

 ふとその時気が付いたのは、

〈あ、まだみんなにあさひと一緒に暮らし
てるのを言ってない!〉

 そう、かれこれ一週間近く経つけど、
まだみんなに、とりわけうるさいミチには、
何も言ってなかった。

 寧子に小声で、

「ちょっと、まだみんなには、Ashと一緒
に暮らしてること言ってないよ」

「いいじゃん、どうせいつかはバレるんだ
から」

 まあ、寧子の答えはわかってるんだけど、

「ミチはうるさいじゃん?」

 そう言うと、

「じゃあ、Ashのところから出て、ミチ
と付き合う?」

「ないない、それはない!」

「じゃ、いいじゃん」

 寧子の考えは、とてもシンプル。
普通の人が悩む所を、いとも簡単に答えて
しまう。

 それは、私が寧子を見習いたい所。
それにしても、もしもヤマさんがいなかっ
たら、あさひから鍵を受け取っとかないと。

image©“King’sBrain”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





3月 18th, 2016 by