B:53ページ なんで勝手に人の部屋に入るの! "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:53ページ なんで勝手に人の部屋に入るの! ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

女子部屋

 でも、今あさひから聞いた話をみんなに
すると、

「ま、とりあえず行こう!」

 だよね。
みんなでぞろぞろ歩いて行くと、案の定
アパートの前にヤマさんの車はなくて、
部屋野中は暗かった。

「どうする?やっぱりいないね。
図書館行っとく?」

 私がみんなに言うと、
ミチが、

「いいよ、部屋で待ってようよ」

 まあ、それでも良いんだけど、部屋の
ほんとの持ち主は、あさひとヤマさん
だから、できれば中で待つのは避けた
かったんだけど、一応私も住み始めたんだ
し、それでも良いかと思ったから、
とりあず、部屋で待つことにした。

 って言っても、すでに夕方5時を回った
所だから、そんなに時間かからないで、
帰ってくるよね?

 鍵でドアを開けると、なんだか綺麗に
片付いている。

 きっと、これも琴乃さんがやってくれた
んだよね。
 
 リビングに入るとミチがいきなり、
ヤマさん達のベッドルームの扉を開けて、
中に入っていった。

 「ちょっとミチ、何してんの!」

 普通、どこの家に行っても、リビングに
通された後、そこに留まらずに、いきなり
プライベートなベッドルームを見に行かな
いよね?

「いや、どんな風になってるのかと思って」

「それにしたって、私達だってヤマさんと
琴乃さんの部屋に勝手に入らないのに、
2人がいないことをいないからって、入っ
ちゃダメでしょ?」

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





3月 18th, 2016 by