B:57ページ 日本のものは殆ど無い "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:57ページ 日本のものは殆ど無い ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

車雑誌 英語

 あらためてこの部屋を見てみると、
でも、ほんとに余分なものはなくて、
基本的には殺風景。

 本棚には、あさひの車のナンバーと
何かの英語の本と教科書とギターの本。

 パイプのカウチにテレビとビデオ。
隣に電話があって、暖炉の上にはラジカセ。

 カウチの隣にギターが2本。
それが、リビングのすべて。

 まあ、ピンクのカーテンと、しろたんの
ぬいぐるみとは言わないけど、ポスターも
なくて、飾りらしきものはゼロ。

 でも、逆に飾り甲斐があるかもね。
しんのすけがビデオデッキの周りを探して
いたけど、

「ここって、日本のビデオってないんだね」

 そう、みんなのうちには必ず日本から
送ってもらった、ビデオや漫画があって、
放課後や週末にはみんなで集まって、
日本のビデオや漫画を見るのが普通なんだ
けど、あさひの部屋には、日本からの物は
全然なくって、ビデオはこっちで借りてる、
字幕や吹き替えがない物だし、アメリカの車
や音楽の雑誌はあるけど、日本語の漫画や
雑誌は無し。
 みんなが、退屈するのもわかるよね。

「Ashは日本の物は全然なくて、本も
ビデオもみんなこっちで買ったり借りたり
したもんだって」

「へー、紗希ちゃん詳しいんだね」

 いきなりしんのすけのにそんな事を言わ
れてちょっと焦った。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





3月 20th, 2016 by