B:61ページ ピザデリ "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:61ページ ピザデリ ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

ピザ

 で、入ってきたのはもちろん、
あさひだった。

 あれ?琴乃さんは?
待っていたみんなは、訳がわからず、
ぽかんとしてる

「あれ?ヤマさん、琴乃さんは?」

 私が聞くと、

「学校見たいて言うから、一周りして
図書館に行ったら、みきちやんとJhon
がいたんで、置いてきた」

 あー、だからあさひが代わりに、荷物
運びに来たのかー」

 みんなそれを聞いて、めっちゃがっかり。

「それで、あとはどうするの?」

 私が聞くと、

「ちょっとしたら、迎えに行くで」

 それを聞いたみんなは、迎えに行くか、
悩む。

 そしたら、ヤマさんが、

「別にみーひんでも、えーって」

 そりゃ、ヤマさんは別に見せたくない
かもだけど、みんなは見たいの!

 そしたら、寧子が、

「ヤマさん、御飯食べるんでしょ?
どうするの?みんなでピザでもデリする?」

 そしたらあさひが、

「ピザ、たけーじゃん」

 そう、アメリカでもピザは高い。
何も乗ってないプレーンのピザが、$9.99
ちょっと何か乗せるとすぐに$15とか$20
になっちゃう。
 その分直径が40cmくらいあるけどね。

「いいよ、みんなで押しかけたんだから
おごるよ」

「なら良いけどさ」

今度は、ヤマさんが言った。

 ヤマさんとあさひは、何気に似てる。
ヤマさんもお金には厳しくて、けっこうな
倹約家。

 その点では、。ヤマさんとあさひは
ピッタリ。
 だから、家賃とか、食費とかは、うまく
折り合いを付けてて、揉めることはないって。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





3月 22nd, 2016 by