B:80ページ あと2日 "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:80ページ あと2日 ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

空き部屋

 そしたら、ヤマさんが、

「ダメ、琴乃は俺の物」

 そう言うと、ミキちゃんは、

「ヤマさん、コトちゃんは物じゃないです!」

真剣にヤマさんを怒った。

 そしたら、琴乃さんが、

「ごめんねミキちゃん、まさひろと帰るわ」

 笑いながら、ミキちゃんに言うと、ミキ
ちゃんは半べそになりながら、

「そうだよねー」

 琴乃さんは、ほんとにヤマさんが好き
なんだね。

 そしたら、Jhonが迎えに来てミキ
ちゃんは琴乃さんとハグをして帰って
いった。

「お前、ほんと人気もんやなー」

 そう話すヤマさんの顔は、暖かな春の
日差しのようだった。

 アパートに帰ると、けっこう荷物の整理
が進んでいて、大きな段ボールが3,4個、
転がっていた。

 それを見つけて、あさひが

「まだあんの?」

「いや、ほとんど入った。
これは明日発送する分。
あとは、手に持つでなんとかなるかも
しらへん」 

 そのままヤマさんの部屋を覗くと、中は
ガランとしていて、明日にでも日本に帰れ
そうだった。

「琴乃さんの荷物は、スーツーケースだけ
?」

「うん、おみやがとかは、もう送っちゃっ
たから」

 その部屋を見たら、いよいよ琴乃さんと
お別れなのが、心に染みてきて、急に悲しく
なって来た。

 でも、まだ2日あるから、残りの日にちを
大事にしなきゃ。

 その日は、夕飯を食べながら、ヤマさん
と出会った時の事を琴乃さんに話して、
とても盛り上がった。

image by ©スマイティ

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





4月 3rd, 2016 by