B:96ページ Moscowへショッピング "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:96ページ Moscowへショッピング ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

palomeseモール

 とりあえず挨拶はしたものの、典子ちゃ
んは手のひらよりも大きい、サブローって
言う名前(本人命名)のかなりリアルな
ウシガエルのフィギアを持ってる変わっ
た子。

 桜子ちゃんは、広島のかなりの田舎出身
で、自分の事を「わし」って言うやっぱり
変わった女の子。
 なんだか、ミチの趣味が伺える。

 でも、みんな一人でここに来てるんだから、
助け合わなくちゃね。

 それで、合計6人で、Moscowへ出発。
ミチの車は私と寧子、しんのすけの車には、
典子ちゃんと桜子ちゃん。

 ミチは、私と寧子で残念そうに、

「なんで、寧子ちゃんと、紗希ちゃんが
こっちに乗るのー!」

 って、文句を言ったけど、寧子には、
そんな事は通用しない。

「うるさい!黙って知らない子を連れてき
た罰だ!」

一喝されて終了。

 Moscowまでは30分位の道のり。
みんなで、他愛のない話をしてたら、あっ
という間に到着。

 MoscowにはPalouse Mall/パルース・モール
って、ショッピングモールがある。

 ここは、この辺では大きなショッピング
モールで、着るもの、本、電化製品、美容院、
なんでも売ってる。
 日本のイメージではアウトレットモール
かな。 

 こんなに人が多いのは、久しぶりだから、
なんだか妙にワクワク。
 私は、お祭りとかディズニーランドとか、
人がたくさんいる所が大好きで、なんだか
人が多いだけで、心がウキウキしちゃうの
は、子供の時から。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





4月 12th, 2016 by