B:111ページ いつでも応えたい "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:111ページ いつでも応えたい ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

カップル花

 はー、私だってそれくらい考えてるんだ
けど、なかなかうまくいかないんだよねー。

 授業前に先生によく来たねって、褒めら、
れてほんとに申し訳ない気持ちで、一生懸命
授業を受けた。

 放課後、みんなでWaffles N’ Moreにお茶
しに行くって言うのを断って、あさひと一緒
に図書館に行くことにした。

 今朝のこともあるし、さすがに「勉強し
ないと!」って思ったから。

 図書館に行くと、もうミキちゃんとあさひ
は来ていて、ヤマさんと琴乃さんが帰った
話をしていた。

 私が椅子に座ると、ミキちゃんが、

「残念だよね」

と、ポツリ。

 琴乃さんとミキちゃんは、年も近いし、
すごく仲が良かったのはわかったから、
きっと私よりも残念なんだろな。

「でも、昨日電話で無事ついたって話した
のよ」

 ミキちゃんはさっそく日本に帰ったミキ
ちゃんと話したって。

「で、もしも日本のゴムが必要なら、いつ
でも送ってくれるって言ってたから、必要
なら言ってね」

いやん、ミキちゃん、そればっかり。
 でも、今までは私も、すごく好きって感
じじゃなかったけど、やっぱり、大好きな
人とするのは、特別な感じで、あさひとす
るのは、心も繋がってる感が幸せで、すご
く癒やされる。

 やっぱり女の子は、大好きな人としなく
ちゃいけないんだって、今さらながら実感
してる。

 「大好きな人が求めるなら、いつでも応え
たい!」

 琴乃さんや、ミキちゃんの気持ちがよく
わかった。

image©“インスピレーション‐美麗画像(写真・イラスト・CG)を毎日紹介”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





4月 20th, 2016 by