B:114ページ つまんない "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:114ページ つまんない ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

ネズ・パースフェア

 木々の葉が深い緑から黄色やオレンジに
変わり、生命力に満ちて活動的だった、
夏の終わりを告げ、落ち着いた雰囲気の
安息の秋になろうとしていた。

 「そうだ!もう夏も最後だから、Orchard
のAuto Theaterに行かない?」

 Lewistonには、ドライブインシアターがあ
る。
 自分の車で行って、車の中で映画が見ら
れる。
 音はFMラジオから拾うから、歩いて行
ってもラジオさえあれば、見られないこと
もない。
 そんな人はいないけどね。
 だから、基本的に2人で見ないと後席か
らの視界は悪いから、みんなで行くのに、
車2台じゃ辛いよね。

 で、それじゃあって、

「えー、それよりも、もうすぐthe Nez Perce
County Fair Groundsじゃん」

 そう、それは日本の収穫祭のようなもので、
要するに「お祭り」

 移動遊園地が来て、屋台が来て、これと
言った名所がない、ここLewistonでは、貴重
なイベント。

 とは言っても、子供や家族向けなんで、
私たちはね~。

 どれも、イマイチなんで、明日までの
宿題にして、とりあえずは午後の授業を
頑張る。
*
 集中してやってると、時間はあっという
間に過ぎていく。まあ、私が午前中の授業
に出てなかったからかもしれないけどね。

 授業が終わって、みんなはボーリングだ
って。
 私はお金が無いし、なにしろ今日はみん
なの半分しか勉強してないから、とにかく
図書館に行くことにした。

image©” The Lewiston Tribune, Lewiston, Idaho. Powered by BLOX Content Management System from TownNews.com.”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





4月 23rd, 2016 by