B:129ページ 帰ってくるよね? "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編

B:129ページ 帰ってくるよね? ”母と妻と女の狭間(はざま)で・・・” 留学時代・同棲編

不安

 アパートに戻ると、人気はなく、やっぱり
部屋は真っ暗。

 部屋に入って電気をつけると、今朝出た
時のまま、あさひが帰ってきた様子は無か
った。

「日曜日まで帰ってこないのかな?」

そう思うと本当に不安で、たまらない気持
ちになった。

 シャワーを浴びて簡単に夕食を済ませる
と、少し落ち着いて周りがよく見えるよう
になった。

 あらためてまわりを見回すと、あさひの
ものは全部置いてあり、特になくなった物
はなかった。
 クローゼットの中も、ほとんどの洋服は
残っていて、長期で出かける支度をした
様子もなかった。 

「帰ってくるよね」

そう、自分に言い聞かせて、その日は早々
にベッドに入った。

 翌朝目覚めると、時間は8時近く。
気持ちの良い朝日に照らされて、冬支度の
始まった黄色い葉を付けた楡の木の上を
リスたちが元気に動き回っていた。

 ベッドの隣を見ると、いつもいるはずの
あさひはいなくて、やっぱり昨日は帰って
来なかったみたい。

 それから、寧子から借りた日本の漫画を
読んだり、またうとうとしたり、休日の
まったりした時間を満喫していたら、お腹
がすいたので、コーンフレークを食べに
リビングに行くと、いつの間にか、10時
を回っていた。

 台所で、お皿にコーンフレークに牛乳を
掛けてリビングに戻ると、急に電話が鳴っ
た。

「Hello?」

image©“pink!ng”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





5月 16th, 2016 by