B:P111~P120

Category: B:P111~P120

女シルエット
5月 9th, 2016 by yuki.o

 でも、あさひに求められて、愛されるのは、
すごく幸せ。
 結局、気がつけば毎日してるし、あさひ
自身が「好き」って、言ってた通り、休み
の前の日は、少なくても3回以上はしてる。

 そんな事を考えてたら、ほんとは私も好き
なのかもしれない。

 翌日、いつものように教室に入ると、ミチ
達が大騒ぎしていた。

 私はわけがわからず、寧子に理由を聞い
てみた。
 そしたら寧子が、

「近々、晴美ちゃんが 帰って来るらしい」

だって。

 私は、それを聞いた時、頭から漆黒の闇を
被せられたような絶望を感じた。

 もともと、あさひと晴美は、とても仲が
良かった。

 私が、あさひのアパートに無理やり押し
かけたのは、晴美に嫉妬したから。

 私はあさひが好きだったのに、どうして
もあさひと晴美の間に入ることが出来なか
ったから、半ば強引に割り込んだ。

 だって、晴美に聞いたら、友達として
仲が良かっただけだし、別に付き合ってな
いって言ったから。

 ね?問題ないよね。

 朝はただの噂だったけど、学校が終わる
頃には、晴美が帰ってくるって話が、ただ
の噂じゃなく確実になった。
 
 ミチが、Dr.Nortonに確認したから。
晴美は来週には、Lewistonに戻ってくるら
しい。

 学校が終わって図書館に行くと、あさひ
は既に、勉強していた。

image©“art_es_anna”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O





Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

ルイストン 秋
5月 8th, 2016 by yuki.o

 私自身は、ホストのお金はあさひに理解
して諦めてもらって、アパートの費用は、
いつか返す約束で、とりあえず当面貸しに
してもらいたいと思ってる。
 だってね、私がアパートに来なければ、
あさひ一人で住むことになるんだから、
だったら、私がお金を払わなくても、同じ
ことだもんね。

 とりあえず、その場はいつもの、「また
催促しておく」って事で納得してもらった。

 それでも、一緒にベッドに入る頃には仲直
りして、その夜も愛し合って素敵な夜を過
ごした。

 翌朝、珍しくすっきり起きられて、気分
爽快。
 時間も7時少し前で、今日こそは何もか
もが順調に思えた。

 それから、1ヶ月、お金の問題は変わり
なかったけど、それ以外は何事も無く、
ゆったりとしたClearwaterRiverの流れの
ように、静かな流れの囁きだけが耳に聞こ
えるだけだった。

 Lewistonに来てから、ようやく落ち着い
た生活を送れるようになった頃には、街は
ハロウィンの飾り付けが目立つようになり、
すっかり秋は終わり、川を流れる風はすでに
冬の気配を感じるようになっていた。
 
 最近は、ようやく2人の生活にも慣れて、
夜、愛し合っても、次の日の朝は、しっか
り起きられるようになった。

 私は、琴乃さんやミキちゃんのように、
すっごく好きで、「毎日でもしたい」って
ほど、好きなわけじゃない。

image©“Moscow-Pullman Daily News and Lewiston Tribune.”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

生活費
5月 7th, 2016 by yuki.o

 確かにねー。
でも、うまく行かなくて落ち込んでいる人
に、何もしないのは、厳しくない?って、
私は思うんだけどな。

 そんなことを考えながら、2人で歩いて
いると、急にあさひが黙りこんだ。

「どうしたの?」

私が聞くと、やっぱりあさひはお金のこと
を言い出した。

 ちょうど私も同じことを考えていたから、
さっき考えていた事をあさひに理解して欲
しくて、一生懸命説明したけど、あさひは
受け入れてくれなかった。

 あさひが言うには、

「紗季の言いたいことは良く分かる。
最悪ホストのお金が返金されなくても、
それは仕方ない。
 もしも返金されなければ、他の方法で
生活費を用意しないと、正直あさひ一人で
二人分の生活費は面倒見られない」

って、事だった。

 確かにアパートに来て2週間以上経つけ
れど、私は生活費をまったく渡してない。

 かろうじて、自分のお小遣いは自分で
なんとかしてるけど、家賃や朝晩の食費、
コインランドリーのお金なんかも、全部
あさひ持ち。

 申し訳ないとは思うけど、余分なお金は
全然ないし、月の仕送りも昼食とお小遣い
で、むしろ足りないくらい。

 だから、お昼はなるべくお弁当を持って
行くようにしてるけど、そのお金はあさひ
持ち。

 だからって、お母さんにアパートに移っ
たから、家賃を増やしてって言うことは
出来ない。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

二面性
5月 6th, 2016 by yuki.o

 だから、私が残りのホスト費用を請求し
たとしても、たぶんお金はないと思う。

 だったら、お金の話をしても気分が悪く
なるだけで、どうせお金は戻ってこないん
だから、諦めるほうがよっぽどいい。
 
 なんとかあさひにも理解してもらいたい
んだけど。

 図書館で勉強していると、時間はあっと
いう間に過ぎる。
 気が付くと午前0時を回っていて、図書館
は閉館。
 
 あさひはいつもの様に、図書館に文句を
言い、アパートに帰る間に今日あった出来事
を饒舌におしゃべりする。

 私は、この時間が好き。
普段はほとんど自分からしゃべらないあさひ
が、この図書館から帰る時だけ、限りなく
クリアーな富士山の湧き水が止めどなく
流れ出るように、私が口を挟む余地なく、
今日あった出来事を話している。

 知り合う前は、無愛想で、ろくに喋らず、
ただただ感じ悪い人だったあさひが、一緒
にいる時間が増えて、内面をよく見られる
様になってから、じつはまったく反対の
性格だってわかるようになった。

 本当は、おしゃべりで、しかも世話焼き。
困ってる人は出来る限り助けたい、そんな
人。

 じゃあなんで、普段は無愛想かって言う
と、そんな困っている人すべてを助けるこ
とができないってことを、知ってるから、
だったら、始めから関わらない。
 それに、1から10まで世話してしまうと、
その人本人が努力しなくなってしまうから、
だって。

image©“PEOPLE&PLACE co.,ltd.”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

米ドル
4月 26th, 2016 by yuki.o

 私があさひの向かいに座ると、あさひが、

「どう?ホストと話しできた?」

聞いてきた。

 初め私は何のことかわからず、あさひの
言葉の意味が理解できなかった。

 そしてら、あさひがもう一度、

「お金返してくれるって?」

聞いてきたんで、やっと理解できた。

 正直、私はお金の話をすること自体が嫌
い。
 誰かが損するとか得するとか、たった
それだけのことで、みんなが喧嘩するなん
て、理解できない。

 私の両親も、いつもお金のことで喧嘩し
てた。
 「お金のことさえなければ、みんなが
仲良くなれるのに」っていつも思う。

 パーティーのお金だっていつも私が会計
やるのは、それが理由。

 余れば次に回せばいいし、足りなければ、
私が出せば、全部丸く収まる。
 ほんとうにお金のことでガタガタ言いた
くないの。

 だから、私自身はホストからお金が返っ
て来なくても、私がお金の話をしなければ、
ホストファミリーが仲良くできれば、それ
でいいと思ってる。

 もちろん、全部を私が負担すればなんの
問題もないのだけれど、今の所はそうも行
かない。

 私が、今のホストファミリーで挨拶した
時に、

「紗季のために家をリフォームしたからね」

そう言っていた。
 もちろん、私のホスト費用の全額$25,000
(300万円以上)の全額を使ったとは思えな
いけど、それでも、Joyの入院の時の事を考
えれば、ホスト費用が無かったら、リフォー
ムなんてしなかったと思う。

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

ネズ・パースフェア
4月 23rd, 2016 by yuki.o

 木々の葉が深い緑から黄色やオレンジに
変わり、生命力に満ちて活動的だった、
夏の終わりを告げ、落ち着いた雰囲気の
安息の秋になろうとしていた。

 「そうだ!もう夏も最後だから、Orchard
のAuto Theaterに行かない?」

 Lewistonには、ドライブインシアターがあ
る。
 自分の車で行って、車の中で映画が見ら
れる。
 音はFMラジオから拾うから、歩いて行
ってもラジオさえあれば、見られないこと
もない。
 そんな人はいないけどね。
 だから、基本的に2人で見ないと後席か
らの視界は悪いから、みんなで行くのに、
車2台じゃ辛いよね。

 で、それじゃあって、

「えー、それよりも、もうすぐthe Nez Perce
County Fair Groundsじゃん」

 そう、それは日本の収穫祭のようなもので、
要するに「お祭り」

 移動遊園地が来て、屋台が来て、これと
言った名所がない、ここLewistonでは、貴重
なイベント。

 とは言っても、子供や家族向けなんで、
私たちはね~。

 どれも、イマイチなんで、明日までの
宿題にして、とりあえずは午後の授業を
頑張る。
*
 集中してやってると、時間はあっという
間に過ぎていく。まあ、私が午前中の授業
に出てなかったからかもしれないけどね。

 授業が終わって、みんなはボーリングだ
って。
 私はお金が無いし、なにしろ今日はみん
なの半分しか勉強してないから、とにかく
図書館に行くことにした。

image©” The Lewiston Tribune, Lewiston, Idaho. Powered by BLOX Content Management System from TownNews.com.”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

キスマーク
4月 22nd, 2016 by yuki.o

 翌朝、やっぱりあさひはいなくて、時計
を見ると7時15分。
 昨日はここで諦めたけど、さすがに今日
はそれは出来ない。
 
 慌てて、ベッドから出てシャワーへ。
シャワーから出るとあさひは出かけるとこ
ろだったから、

「あと十分待って!」

 そう言って、急いで支度。
テーブルの上には、私の分のスクランブル
エッグとトーストがのってたけど、トース
トだけ取って残りは冷蔵庫へ。

 なんとか、10分以内位に支度を終えて、
外に出ると、あさひが車に乗って待ってい
た。

「今日は特別」

 あー、私は朝起きられないからやらない
って言ったのに、あさひがどうしてもって
言うからしちゃったんだよね。だから特別
なの。

 学校に着いて、教室に入ると、エロ寧子が、

「だんな、キスマークがついてますぜ」

あわてて鏡を見ると、左の首筋にキスマーク
がくっきり。

 それを見た途端、昨日の事を思い出して、
顔が、よく熟れたトマトのように真っ赤に
なった。

 仕方がないから、テーピングで隠した。
まったく、偉そうなことい言う前に、みん
なにわかるようなキスマークはやめてよね!

 お昼休みにみんなでカフェに居ると、
ミチが

「あー、最近つまんないな。なんか面白い
ことにないかな」

 確かに、シアトルにお寿司を食べに行って
以来、これと言ったニュースもなく、せい
ぜいMoscowに行ったくらいで、楽しそうな
事は何も無いね。

image©“acworks”

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,

くわえゴム
4月 21st, 2016 by yuki.o

 でも、ミキちゃんが言うように、昨日、
アメリカ製のコンドームでしてみたけど、
ほんとに台所の手袋みたいに分厚くて、
着けて入れると、ちゃんと準備してから入
れたのに、痛すぎて、思わずあさひを蹴り
飛ばしたくなった。

 けっきょく、途中で外して、外出し。
 台所のゴム手袋並に厚いんじゃ、ローシ
ョンとか使っても、痛すぎてダメっぽいか
ら、これは、ほんとに考えないとだなって
思う。

 コンドームを持ってても、つけると痛く
て、結局出す前に外しちゃうんじゃ、妊娠
が怖いもんね。

 大好きな人とHするのは、本当に幸せだ
けど、「H」とは「子供を作る行為」
だから、「Hをすれば、妊娠する」の
は当然のこと。

 確かに、恋人との心の絆は大切だし、
心の絆は必要で、愛しあうその先に、Hが
あるのだから。

 それでも、「心の絆」と「妊娠」は、
まったく離れている事もあるから、結婚前
に恋人と心から愛しあうためには、しっか
り避妊をしなければダメ。

 でも、問題は手軽で確実な「コンドーム」
に、問題があるってこと。

 確かにゴムが厚ければ、破れるトラブル
はぐっと減るけど、厚すぎて痛くなるんじゃ、
つけていられないもん。

 日本のコンドームの薄さ、その技術力の
高さには、本当に驚かされた。

 今日は、寝坊で始まった一日だけど、
最後は図書館の閉館で終わった。
 終わり良ければ全て良しってわけじゃ
ないけど、気分的には、すごく楽になった。

 あさひとアパートに帰って、軽い食事と
シャワーを浴びて、ベッドに入ったのは、
1時近く。
 昨日は、それからしちゃって朝起きられ
なかったから、今日はしないで早く寝よう
っと!

ジェクス株式会社は、コンドームブランド
「グラマラスバタフライ」発信で実施し
ている、男性用避妊具を正しく使用して
“HAPPYなラブ”を促進する活動「ラブ活」
をテーマに様々な取り組みを行っており、
この度、2016特設サイトをオープンしま
した。

image©“JEX INC.”
くわえゴム

written by 透明(とうめい) ゆき

1ページ目から見る人の、P1リンク

この物語はフィクションです
写真は参考のため、本文とは一切関係ありません
|Mail to info@love-life.lovepop.jp

© 2014 Tomoyuki.O

Posted in B:P111~P120, Story/小説, 同棲編, 母と妻と女の狭間で Tagged with: , , , , , , , , , ,